ひつじの大行進

~趣味ぶちこみ備忘録~

WORLDISTAという仮想空間体験記

 

 

2019.5.26 WORLDISTAログアウト

…ぴえ~~~ん!ログアウトしちゃったよ~!泣

 

のろのろ書いてこんな時期になってしまいました。これでもまだ完成形ではないですがキリが無いのでとりあえずあげさせてください(笑)

 

3月9日から始まったこのツアーが終わってしまった。虚無。虚無中の虚無。去年は冬春ツアー中に夏の味スタ公演が決まり、味スタで秋のドリフェスが決まり、秋には冬のドームが発表されていたのでこの寂しさは久方ぶり。お財布の休養期間として2019年はNEWSちゃん大人しくしててや~~~なんてほざいていた春の自分はパスだパァス!!!

↑ これオーラス前に書いていたんだけど、まさかこんなすぐに次の楽しみをくれるとはね!

 

いやぁしかし今回も今回とて、コンセプチュアルで壮大な“作品”だった。ジャニーズのライブ自体が初めての友達をWORLDISTAに1回連れて行ったが、最初がNEWSで大丈夫かな?と心配した。いい意味でNEWSはジャニーズっぽくないライブだからこれをザ・ジャニーズだと思わせたらいけないので(笑) そんな心配をしてしまうほど芸術。

 

シンプルで一切装の無いステージ。開演前はステージからの逆光でどうなっているのか全く分からない。不気味だった。開演前と終演後には電子音と共に数字や言葉が聞こえてくる。「SSSSS…」なんて聞こえたときは鳥肌が立った。終演後も余韻に浸りながら聞いていたこともあった。始まる前の高め方と、終わった後のアフターケアまで行き届いているNEWSのライブが最高でないわけが無かろう。

「最高」って簡単に言うけど直訳すると「最も高い」って意味なわけで。それをNEWSやNEWSのライブに対して使う私はなにひとつ間違っていないし、本意中の本意である。しかもその最高を毎公演更新し続けてくれるNEWSには感謝しかない。泣ける。締めみたいな感じになってしまいそうなので本題へ(笑)

 

 

 

ここからはセトリ順に見たことや感想をつらつらと書いていく備忘録です。ほぼ増田さんにフォーカス当たってるので悪しからず(笑) 良いも悪いもすべて書いていこうと思うのでさらっと適度にスルーしてネ!

 

OPENING

レィディ~スエンジェントルメンッ!!!ワールディスタカップの開幕!!!

NEWSのメンバーと私たちがログイン。CD音源ではβプログラム(試作品)だったのに、ライブではマスタープログラム(主プログラム)に。泣ける。

 

WORLDISTA

ログインシークエンスでパーセンテージがみるみる上がり、100%になったところで暗転。私はこの暗転の瞬間に泣いていることが多い(笑)

最初の歌いだしが増田さんなので私はポップアップから出てくるのを双眼鏡で出待ちをしている。ツアー中、出てきた瞬間に髪の色に度肝を抜かれた回数は2回。大阪公演の黄髪と埼玉公演の黒髪。

埼玉の黒髪で出てきた時は、この私が間違えてシゲアキさんの立ち位置で出待ちしてしまったのかと思い一瞬焦った。しかし増田さんにしかスポットライトは当たっていないはずなのでこの黒髪イケメンは増田さんなんだという確信を胸に「(お仕事か…お仕事なのか…お仕事獲得したんか…?じゃあ2週間前の黄髪は黒髪にする前の最後の大暴れだったのか…?)」なんて考えて集中できなかった。テゴマスが見事にメンバーカラーの髪色で愛しさ5億バワリー!(ドラマ出演おめでとうございます!)

ツアー初日の静岡では、サビで4人がスクリーンに映し出されてピンク髪が2人居ることにひっくり返った(笑) テゴマスがお揃いというエモ。初日で立ち位置も把握していなかったのでときどき手越さんの後ろ姿を追ってしまう。テゴマスのガタイが倍量くらい違うのですぐ気付けるのがマッスルまっすーの良さです(そこ)

衣装はアルバムジャケットの黒い服がベースで、胸元に電光掲示板みたいなのかついている。時々歌詞がそこに表示されるのすごすぎる…!またまたオープニングの衣装は1曲しか使わない贅沢仕様。誰が考えたんですか?(すっとぼけマン)

アウトロ最後の最後「デーーーン!」の前に暗転したその隙にポップアップしてきたところにスッと吸い込まれて一瞬で消える4人。イリュージョン!「デーーーン!」で明転したときは跡形も無く消えていて、WORLDISTAの文字だけが浮かびあがる。つよ、NEWSつよ、チケット代の8,000円の元をここで取ったので以下はオタクの利益となります。

f:id:LLL444:20190612125023j:image

 

WORLDISTA CUP 説明(映像)

ここでワールディスタカップの概要が説明される。観客のバワリー(熱量)でWエッグ(ダブルエッグ)を育てていくというもの。いわゆる育成ゲーム(?)良く考えるとこの世界観に慣れてしまっているNEWS担ウケるし愛しい。ただの観客でいられない超参加型のNEWS楽しいから本当におすすめ。

 

DEAD END

海賊王だ~~~!歌詞は「ありったけのバワリー握りしめて」で海賊船に乗って登場してきたらもうそれはまさに某海賊王じゃん?自撮り小型カメラに積極的に映り込むメンバー(主にテゴマス)。そのちょっといたずら企んでるようなお顔がスクリーンに映るんだけど…かあいいのです。小山さんの邪魔するのもだいたいテゴマスなんだけどかあいいのです。小山さんもまんざらでもない!みたいな顔してボコボコにされてるの、かあいいのです。埼玉公演は会場が広いからか、メインステージに留まらずセンステまでの花道を半分くらい船で進んでた!いいね!増田さん、ドアップで映るとほっぺのおまんじゅう度が増してこの世の全てのカワイイを頬袋に凝縮してた。ぷっくり…好

 

weeeek

跳ばないとどうなるかわかってんだろうな~!!!って毎公演脅してくるNEWS(主に小山さん)こわい。慣れたけど。歳と共に無くなってきた平行感覚で飛んで隣の人に迷惑をかけるリスクとの戦い。ほぼリスク。最後に「NEWS!LIVE TOUR 2019!WORLDISTA~~~!!!」っていう増田さんいつも可愛いので嬉しい。

 

NEWSKOOL

QUARTETTOのときに使われていた鬼カワ映像がそのまま使われるエモ。センステでにこにこしながら踊る増田さん、3年前と何も変わっていなくてホッとするなぁ~!他のメンバーが歌っているときにJr.2人引き連れて中腰で静止するんだけど、そこで増田さんが前のJr.くんのおしり触る→後ろのJr.くんにおしり触られる→増田さん触る→増田さん触られる→…のエンドレス(笑) ずっとおしりペチペチ触り合いっこしてた。可愛いでーーーす!(大の字)

 

U R not alone

EPCOTIA-ENCORE-に引き続き序盤での登場。メインステージにお立ち台があってそこで歌うんだけど、増田さん本当はおっきく脚広げて歌いたいんだろうなと思った(笑) 命削って歌っている感じはNEVERLANDの頃から変わらず、毎回泣きそうになる。合唱のところ、もはや字幕も出ずに巨大スクリーンに4人の最高の表情が映されるのはファンが信頼されてきたのかな?なんて思いあがってしまう。信頼と実績のオタクたちだよ!任せてよ!

 

発表会(映像)

いままでの9つの作品(アルバム)のロゴが写し出され、私が泣く。Jr.くんたちが全身黒のロング丈ジャケットを羽織り、ゴーグルを付けて登場。ゴーグルはEPCOTIA-ENCORE-でNEWSが付けていたような電光掲示板付きのもの。衣装かっこ良すぎるんだけどこれ誰のデザイン?(すっとぼけSeason2) 続くインビジブルダンジョンでとても映える衣装だった。映画泥棒みたいなダンスがとても不気味なんだけど8人ぴったり揃っていて圧巻。

発表します、WORLDISTA!

 

インビジブル ダンジョン

後ろの巨大スクリーンを贅沢に使い、NEWSの4人がJr.8人を2人ずつ後ろに付けて、超オシャレに歌い踊るこの時間に名前をくれ!!!…これがライブですか!!!そうですか!!!

そもそも曲が最高なのに映像と衣装と振り付けが天才でどうしたらいいわけ?初日、WORLDISTAの世界を怖いものだと思っていた頃。4人がJr.に壁まで追い込まれて背景の映像に4つの十字架が現れて。え?死んだ?え?なんで???ってなったんだけどその後すぐ十字架はなくなっていてちょっと不思議。特に意味はないと思うんだけどそういう勘違いをさせないためだったのかな?

あとこれ本当にJr.くんたちがかっこよかった。手足の動きがとても綺麗でキレがあって、さすがとしか言いようがない。NEWSを引き立てようとしてくれている感じがとてもよく伝わってきた。感謝致します!

 

Didital Love

鬼の可愛さ底知らず!!!ピンクのスクリーンを背景に、可愛く踊って見せる30過ぎた大人たち。ピョンピョンしてる振り付け本当に可愛い。よく一緒に入るシゲアキ担の友達がこの曲で「シゲがァ!可愛い!か~わ~いいぃぃぃ~(悶)」とよく言っている(唸っている)のでチラッと見てみたけど…かわいい。運動神経の無い人のジャンプってかわいいんだよね。これはNOディスYES褒めです。IT'S YOUのサビの振り付けとかシゲマスでえらい差があるもんね、ジャンプしてないけど(笑) あと最後のシゲでしょ?あざとさ711バワリーの容疑で逮捕します。(バワリーの使い方をとうとう間違え始める)

 

I・ZA・NA・I ・ZU・KI

ギャーーー好き!!!え、まって、花道に水流れちゃってるよ?足濡れちゃ…濡れてるよ!大事な衣装大丈夫?え?…初日はスタンド席だったので上から見てわかる水のヤバさ。メインステージから花道に向かって流れていく水。花道中央にその水が溜まるんだけどそこには最愛の自担。最初の「We just can get away…!」と歌ったところでその水溜りの水を回転しながら蹴り、水しぶきで綺麗な弧を描く。その後少しだけダンスして静止するんだけどその動きが私の大好きな増田貴久の動きでした。青木アナ率いるバゲッドさんがそこを流してくださり、一時期そこだけエンドレス再生してた。ありがとうわかりみの深いジャニオタ青木アナ!

「幾千年時をかけ…」からのパートは向かい合ったテゴマスが歌うんだけど、本当に綺麗な歌声で。演出も綺麗ならハモりも綺麗で、こればかりは夜景の見えるレストランも平伏せることでしょう(私調べ)

f:id:LLL444:20190612125402j:image

 

勿忘草

メインステージに近い人から歌って捌ける。増田さんはトップバッターで歌って、次が自分のソロなのでいつも小走りで捌けていたの愛しいポイント。

Jr.くんが1人日替わりでコンテンポラリーダンスをするんだけど、水溜りにバチャンと倒れたり、その水を華麗に撒き散らしたりしていて初めて見たときは本当に驚いた。髪も濡れてしまっているのに、次の次の小山さんソロで何事も無かったかのように踊っているからすごい。増田さん、web連載で渡辺くんを褒めてたね~!

 

Symphony of Dissonance

始まる前の静けさ。大きなステージにこの身1つで挑む覚悟。かっこいいの一言に尽きる…!

暗いスクリーンに呪いのように不気味に映し出される歌詞。赤と緑のレーザーを張り巡らせ、苦しいような叫ぶような声で歌い上げる。1番が終わるまではスクリーンに本人は映し出されず、その後の間奏のダンスから映るようになる。間奏は少し伸びてアレンジされていた。そこしかダンスパートが無いので小さい目を一生懸命開いて刮目していたのが懐かしい。

そのダンスから滑るようにステージに寝転び「寝そべって淀む視界を~」が始まる。今回の衣装は、黒の長袖と白の脇がざっくり開いたノースリーブの2パターン*1があった。もう何が言いたいか分かると思うが、ノースリーブで寝そべって歌われると目のやり場に困るのだ。10年以上見続けている好きな人のちょっとセクシーなところを見てまだ照れる自分が非常に気持ち悪いね…。目のやり場に困ると言いつつ、8~24倍を自由に操れる双眼鏡で凝視しているので実際は通常営業です。

贔屓目なしで(本当か?)自担のソロが1番好きなので毎回ここが楽しみだった。どうしてもメインステージの近くで見たいと思っていたがなかなか近づけず。しかし長野のオーラスでメインステージ中央4列目を引き当て、今までで1番近くで見ることができた…!連れてきてくれてありがとう!次の小山さんソロ踊るの楽しいけど曲調がガラッと変わるので余韻に浸れない is ある。毎回「ハァ~~ン」と唸り余韻に浸りながら小山さんのソロ踊ってた記憶が新しい。総じて最高だった!

 

Going that away

シゲ担の友達と入るときは「キタキタキターーー!!!」と盛り上がりながら楽しく踊らせて頂きました。オーラスのMCはこの曲のオケで花道ランウェイウォークしてたけど、めちゃめちゃ盛り上がったもんね!あとバックの帽子被った新藤くんが小山さんの後ろでよく映り込んでたけど楽しそうで可愛い。バワリーポーズしすぎてここで51万バワリー獲得しても良かったのでは?

 

Quiz Zone(映像)

メンバーに関する4択のクイズ。増田さんは「1番好きなお肉は?」「宝物は?」「幸せを感じる瞬間は?」の3パターンで全て答えは全部でした。鉄壁の増田健在(笑) 毎度私は小声で「わたし…?」と答えて友達に呆れられるのを突き通したけど、終盤になると答えが分かってしまって大声で「全部ー!」って言っちゃう人が結構いて。オーラスで増田さんが「やれやれって思った(呆)」とおっしゃっていて、だよね~ブレないね~と思った。ネタバレ嫌いな増田さんも健在(笑)

NEVERLANDのMr.インポッシブルが出題してくれるんだけど、好きなお肉の答えが全部のときは「まっすー、くいしんぼうだね」、宝物の答えが全部のときは「まっすー、優しいね」って言ってくれるの。その言い方が優しくてジーンときちゃった。

最後の問題は「Love Melodies」「あなたがとなりにいるだけで」がカップリングに入ったNEWSの11枚目のシングルは?…ヒントは春!で次の曲へ。NEWS初めての友達まさかの正解で伸びしろがあるので沼に落とし込もうと思います!!!

 

さくらガール

メインスクリーンが開くとそこには大きな桜の木が!そしてひらひらと舞う桜。増田さんの頭に花びら乗りがちだったんだけど、それが自然に落ちる日もあれば、(クセで)頭を触って落ちる日もあった。小山さんが気付いて取ってくれる日もあったし、自分の頭に花びらが乗っていることに気付いて小山さんに取ってとお願いする日もあった。何が言いたいかって言うと可愛くて眼福いつもありがとうね、です。(情緒)

 

恋を知らない君へ

私はただただ4人の歌声に酔いしれ、増田さんのお顔にトキメキ、衣装を舐めまわすように見ていたんだけど背景の映像がとても切なかったようで。気づいたら泣いちゃうから気付かなくて良かった…。

 

リボン

NEWS担すごくなぁ~い?メロディーが少なく静かなバラード、誰一人うるさくする人居なかった。NEWSそれぞれの声だけが会場に響き渡って夢か現実か分からなくなるような空間。

しかし!初日は次の曲のセットをしていたのか分からないけどガッターーン!って音が何回かしていて「みんなペンライト落としすぎじゃない?もしかして寝てる?」とハッとしたのを思い出した。でも最後の方は全く気にならなくなった。スタッフさんが何か工夫してブラッシュアップし続けてくれた結果だね~!感謝!

毎回、出だしの増田さんソロパにしびれて温泉入ってるような気分になれるのコスパ良すぎる。

 

サンタのいないクリスマス

2曲続けて至高バラードが続いたのを一気に明るくさせるこの曲。初日は雪に似せた泡が降ってきてたんだけど増田さんむせちゃって歌いながらオッサンみたいな咳してた。可哀想なんだけど愛しくて愛しくて(笑) MCの時メンバーがセンステに移動してスタッフさんがメインステージの除雪(除泡?)するという何とも謎の時間が流れる。むせるの回避&掃除の時間回避で2日目にはその泡は無くなり、その後はキラキラが落ちてくる仕様に変更。貴重な初日だったね!

 

MC

割愛するが、次のソロのために捌けなきゃいけないのに毎公演全然捌けない手越さんが可愛かった(去年のデジャヴ)

 

DoLLs

ギャアァァ…最強のビジュアル…。これこそ百聞は一見にしかずって感じでここで書き表すことは不可能なんだよな。Jr.くんたちがまたいい味を出してくれていてカッコイイ。顔に落書きしては消して、両目に違う色のカラコンして、広いメインステージにぽつりと置かれた1人掛けのソファーでパフォーマンスをする彼はやっぱりジャニーズ事務所が誇る唯一無二のスーパーアイドル。なのにMCになると姫になっちゃうのもうよくわかんない可愛すぎて。わかんないです。

 

世界

シゲシゲしいの最たるところ is これ。ギター1本抱えてセンターステージに座り、伏し目で歌う。スクリーンにはシゲシゲしい歌詞が大きく映し出されている。水が落ちる音がCD音源にリンクしていたり、水のスクリーンにルリビタキが映し出されたり。最後の「貴様が世界だ」でやっっっっっとカメラ目線をくれる焦らし方や世界観に脱帽。歌い終わりすぐ「世界」とスクリーンに映し出されるとき、つい「氷温」と言いたくなったのは私だけじゃないはず…笑

 

Strawberry

シゲソロのギターからナチュラルにつながるギターイントロ。スクリーンには増田さんの字で書かれた曲のタイトル。愛しいのフルコンボ。EPCOTIA-ENCORE-の時と同じで、メンバーそれぞれの手書きの歌詞が流れる世界で一番あったかい場所だったな。「さあこの手に愛とありがとう」で増田さんが左手にありがとうを書いて見せてくれていたのは福井公演の途中までだったみたい。白い衣装が汚れちゃうとか理由があったのかな?手に絆創膏貼りがちだからなにかあったわけではないことを願って!

 

「生きろ」

この曲もツアー中だいぶ演出が変わっていたような気がする。この1年弱で何度も聴いてきた曲だけど、聴くたびに涙が出そうになる。コアな感想だけど、増田さんいつもサビで大開脚して叫ぶように歌うんだけど、長野5/26の1部公演でついに右ひざが床に着いた(笑) 今までももしかしたら付いていたことあったかもしれないけど「お?もうこのまま正座しちゃう?」なんて思うくらいがっつり付けてた(笑) 愛しくてたまらんですわ…

 

CASINO DRIVE

「生きろ」歌い終えて一気にライブ会場がカジノ会場に!シゲマスは上手で水分補給&ジャケット羽織るんだけど、暗がりでもかわいくて。連番したシゲアキ担に「こっち来る時のシゲ見て可愛いから」と言われ、1公演だけ見てたんだけど…かわいい(笑) ぴょんよこ走ってきてジャケット羽織らせてもらって「しげあきくん(5)」だった。増田さんはずっと動きがスマート。

テゴマスが下段、コヤシゲが上段で始まるんだけど、それはそれはシンメ厨卒倒の良さ!!!増田さん、5億番煎じだけどダンスがうまいんですよ。手の指先からステップから顔の表情から何から何までTOP OF THE WORLD!!!「必ず狙いは外さない」のとこの左右に揺れるダンスでひらひらと綺麗に揺れる衣装本当に綺麗なんだけど誰がつくったんやろか()

 

EMMA

ロッコタイムスタート!スクリーンに映るMV、何回見ても最高。

 

BE FUNKY!(※福岡から追加)

知らぬ間に追加されていた俺たちのBE FUNKY!サビで手を振るときの会場の一体感と言ったらないね。

 

四銃士

ロッコからリフターへ。4人散らばってスタンド側を向いて歌うので背中側にいるとお顔は見えない(泣) 何公演か入って一番近かったのが長野5/25のアリーナB1の時。会場が縦長だからリフターもAブロよりBブロの方が近くて着席したときに泣けた~!綺麗なお顔をずーっと近くで見られてこんな幸せなことがあるか、と。

増田さんいつも四銃士最後の「タラララランッ!」のところで指揮者みたいに両手を挙げて締めるんだけど*2、私が正面にいた公演ではそれやってくれなくて気を付け!ってしてた。どういう風の吹き回し???可愛いけどな???生きてくれてるだけで1億バワリーあげちゃう。

あと「その笑顔」のところで左手を頬に当てるの可愛くて私は無理だけどみんなは平気だった?

 

MR.WHITE

なぜここでMR.WHITE~!やっぱりWhiteとWORLDISTAはズブズブの関係…。私はLove Storyの衣装に既視感ある~って思ってたくらいの鈍感勢なんだけど、どうやら今回の衣装はWhiteツアーの衣装を踏襲しているようですね…気付いた人すごい!装苑で増田さんから解説があるか、次のツアーで答え合わせがあるか。情報を待とう、NEWS担伏線張られまくって振り回されて忙しくて楽しいね。

ロッコが遠かった時は全力ダンスしてたんだけど(笑)、後ろの可愛い小山担さんに「…すごい!」って言われたの平和すぎてみんな大好きだよ。

 

トップガン

え~~~好き!増田さんの「君に魅せられた I'm a butterfly」で毎度撃ち抜かれていた後遺症は今も健在。埼玉公演の次の日のバゲット見ながら振り練した私すごい健気。

 

Love Story振り付け

e-Sports Zone 

 

FIGHTERS. COM

このツアーで1番の見せ所なのでは?Wエッグから生まれたポケモンムウマみたいな子が、私たちが溜めたバワリーで巨大なドラゴンに進化!最初はラスボス的な感じかと思ってしまったんだけど(笑)、味方と分かればもうこっちのもんで。

ボクサーのようなヒョウ柄衣装に身を包み、強い武装をして現れるNEWSとJr.くんたち。増田さんはいつもフードをかぶってサングラス*3、加藤さんはさっきまでしていなかったピアス・指輪・バングルを装備して髪をオルバ風にセット。手越さんは1番最後にゆっくり出てきて先頭へ。増田さん以外の情報は連番した友達が隣で呟いていたのでちゃんと確認した(笑)小山担と連番してないからちゃんと見られなかった~泣

手越さんのフェイク&ビブラート、加藤さんのデスボイス、そしてボッコボコに殴られた気分になる増田さんのRAP…愛してるよ!!!(大声)ほんとにかっこよくてNEWSって最高なんだなと再確認することのべ5億回。音源も割と攻めているなと思っていたけど生で聴いて見るこの曲の破壊力と臨場感はワールディスタカップに出場した人でないと体験できない。

余談ですが、オーラス公演は音響トラブルでやり直し。その公演、花道横最前ブロックの4列目にいたのでメンバーの様子を間近で見ていたんだけど緊張感があってこっちがドキドキ。詳しくは書かないけどプロなんだな、生半可な気持ちで中途半端なものをファンに見せたくないんだな、という思いが伝わってきた。ちょっと険悪な雰囲気になっても率先して雰囲気を変えようとしてくれる小山リーダー、神様かと思った…。てごしげも一生懸命明るくしてくれて安心した。NEWSバランス取れすぎてて最高のグループ。一生ついていこうと思った!

f:id:LLL444:20190612125146j:image

 

Wonder

FIGHTERS~に続き(気持ち的に)殴られる曲。センターステージがレーザーによってボクシングリングに。かっこよすぎん?年々強くなりゆくWonder。途中、増田さんを先頭にして踊るところがあるんだけどそこはいつもかっこよすぎて涙目で見ていた。伝われ~~~笑

 

SPIRIT

EPCOTIA-ENCORE-のときもやったけどサビで両手広げがち。今回のツアー、入りたい席にだいたい入れたんだけどセンステ前だけ入れなくて悔いが残ります…。正面から見たかったな~!ということでJEたん早急によろやで…!

 

WORLD QUEST

ロッコ記憶なし(笑)

 

ONE -for the win-

ロッコに乗りながら「オーエビバーディ!」からのRAPかますTAKAHISA。歌いきると肩を撫でおろしてほっぺ膨らませてフゥ~~っと息を吐いてやりきった顔するの。上手側にいないとわからない貴久カワ100景のうちの1つ。

 

BLUE

フィナーレ感。あぁ~終わっちゃう~寂しいよ~という気持ちで泣きながら腕回してた公演も数知れず(笑) 毎回NEWSが捌けてからの映像で「ワールディスタカップグランプリは…チーム〇〇(地名)です!」って発表してくれるのも最高。獲得したバワリーが20190526バワリーという感じに日付になっているので公演重ねるたびに数は増えていくんだよね。だから毎回グランプリ!ハッピーすぎる世界!

 

Love Story

最後の最後に超絶デート感を出してくるNEWS…脱帽。未発売曲にもかかわらず初日からファンは割と歌えていて、NEWSに恋してのCMをリピしまくったであろうNEWS担のガチさが露呈していた。もちろん私も歌えた。

最初、ファンが歌うパートの入りを手越さんがリードしてくれたんだけどめちゃめちゃキーが高くてみんな裏声(笑) これ実は女の子が歌いやすいように手越さんがキーを上げて歌ってくれていたの。NEWSの曲は元から高いので大丈夫だよ!ありがとう!優しいね可愛いね!北海道公演で元のキーに戻ったようです。

最初の方の公演はカメラ割りがはっきりしていなかったけど、公演が進むにつれ安定。1番のサビ終わりに増田さんのチュー顔(ぶりっこ)を見るのが楽しみだった。

あと、「ケンカしたって結局好きだよ」のところ。最初の方はお得意の片手頬当てでぶりっこしてたのに、後半からのところで両手グーパンしてくる増田さん。指輪ジャラ付けで両手グーパンしてくる増田さん。私も欠かさずグーパン返しをして喧嘩してないけど仲直り♡えへへ♡

「また明日ねって言ったのに~」で笑顔で両手を振る手越さんは増田担の私でも自担から目を離して見てしまう案件第1位でした。該当担様、離れられるわけがないね(笑)

そしてこれは埼玉公演だけなんだけど、ソロパートの歌詞が映るスクリーンにNEWSに恋してのそれぞれのキャラクターが映ってた。いろんな表情のキャラクターがいて今まで約1年の恋の思い出が蘇ってきて泣きそうになったな~!好~!

f:id:LLL444:20190612125450j:image

 

 

 

安定の後半失速に加え、アップが遅くなってしまって書きたかったことの3割くらいしか書けていないような。思い出したら随時加筆します。

オーラスで起承転結ツアー最後の「S」がSTORYだと発表された。こんなに早く発表してもらえるなんて思っていなかったので幸せが途切れなくてファンは幸せです。「今、幸せだよ。」って言ってくれた1年前の増田さんに張り合うように私も幸せ。

増田さんの衣装は今回も素敵で、4人がより美しく輝いていた。手前ミソスープだそうで(笑)

 

f:id:LLL444:20190612125536j:image

 

 

お題「NEWS LIVE TOUR 2019 「WORLDISTA」 仮想空間体験ログ」

今回もお借りしました!

 

 最高の思い出になったWORLDISTA。

ありがとうWORLDISTA。

 

 

Next…STORY

 

*1:詳しく言えば3~4パターン

*2:背中側の時もずっと見てたよ(怖)

*3:サングラスをしていない公演も、フードを被らず出てきた公演もあった

私だって宏光と一緒なら I don't wanna die tonight

 

GW明け1発目、Kis-My-Ft2の東京ドーム公演にお邪魔しました!

ちょっと1回全体の感想は置いといて(最高でした)、今回は北山宏光ソロについての感想を吐き出させて頂きます。まあ~~~周りにキスマイ担がいないのでここに吐き出すしか無いのです。考察交じりですが1公演しか入っていないのでやんわりお送りします、お手柔らかに…笑

※公演のネタバレ含みます

 

 

f:id:LLL444:20190512092354j:image

 

 

そもそものお話なんだけど、私は北山さんが紡ぐ言葉が好き。

“国民の元彼”の異名を持つ彼の作詞した楽曲は、自他ともに認めるメンヘラ女(私)にとても刺さる。そして彼の歌声は失恋や叶わぬ恋系の悲しい曲との相性が良い。*1

 

↓ 過去の北山さん作詞曲への思いを吐き出した記事

sheepdks.hatenablog.com

 

しかし今作は北山さんの作詞ではなくI Don't Like Mondays.さんから提供された楽曲。なのでいわゆる「北山宏光 a.k.a 国民の元彼」らしさは無いのかなと思っていた…

楽曲提供してくださったIDLMsさんは、北山さんの過去ソロ曲を聴いて歌いやすいキーを研究してくれたようで…。心なしか歌詞も過去寄りのニオイ()がたちこめていて、IDLMsさんすごい。両者にとってお気に入りで思い入れのある曲になったそう。北山イズムを継承してくれたIDLMsさんに感謝(大の字)

 

 

 

では早速歌詞を見てみる(抜粋)

  

Baby もう引き返せない場所まで

深入りしてるみたいだな

諦めることはできないくらいどっぷり好きになってしまったのかな。

 

いけるとこまで二人なら

いける気がするよ 今夜は

(中略)

So I don't wanna die tonight

いいよ、お互いがいいならいいよいっちゃおうよ。でもなんで急に死にたくないとか言うの?今夜は死にたくない?そんな簡単に死なないよ(伏線)

 

Maybe 二人のことは誰にも

言わない方がいいよね

So can you keep this secret

You and I,alright

…お?どうして言わない方がいいんだ?社内恋愛?身分違いの恋?………いやこれ北山宏光のソロだぞ………ふっ、不倫!?!?!?

 

指先が君に触れるたび

少しだけ時間は止まるんだ

いつもと変わらぬこの部屋も

特別になるんだ

これほんとに北山本人の作詞じゃない?と疑うレベルで北山みの強いパート。なんてったって既視感のあるフレーズがある。それは「この部屋(FORMより)」の部分。本当に無理矢理なのでスルーしてください。

 

君が笑うただそれだけで

僕らの世界は動くんだ

何気なく歌ったフレーズも

名曲になるんだ

これだけ聞いたらただの幸せソングなのに、なんで一筋縄にはいかない恋愛ばっかりするんだろう宏光。マニアックだけど「フレーズ」の発音が好きで。普通「フレエズ」と発音しがちだと思うんだけど北山さんは「フレイズ」って歌うの。「名曲」も「めーきょく」ではなく「め・い・き・ょ・く」って歌うそれだけの話なんだけど好きィィィンってなる。私だって笑っただけで私たちの世界動かしたいし、何気なく歌ったフレイズで母にうるさいと言われること無く名曲にしたいよ。宏光…。

 

I don't wanna die tonight

I don't wanna die tonight

I don't wanna die tonight

Cause I want you baby

ただ君と居たいよ

めっちゃ死にたくないじゃん…。どしたん宏光。ここがサビで、曲中トータル13回アドワナダイトゥナイするの。不倫関係だったとしても死なないから大丈夫だよと頭撫でたい。

 

…と、歌詞を見ると同じフレーズの繰り返しで内容はだいたいこのくらい。ここから読み解くのがなかなか難しくて、ライブでの演出をヒントにさせて頂こうと意気込んで東京ドームへ赴いた。

なぜなら、北山やり手宏光なのでライブの演出でハッとさせられることが多いからだ。去年のツアーでは歌詞カードの記載が「…だよ」と書いてあるにもかかわらず、実際のライブでは「嘘だよ」「綺麗だ」の2パターンを公演ごとに囁く案件が発生。それも最後の最後にぶちこんで私たちを置いて去っていくから怖い。謎を解きながら女をバタバタを倒していく罪な男。

今回も演出でのヒントを拾うため目と耳かぽじって挑んだ。

 

 

 

セットリストにメンバーのソロが組み込まれる中、なかなか北山さんのソロはまわってこない。藤ヶ谷さんが1塁側の花道から登場したソロ*2が終わり、残すは北山さんと千賀さんのみに。次に現れたのは千賀さんで、メインステージで白いグランドピアノを弾きながらしっとり歌い上げた。

さて、1曲前で花道を使い、今メインステージを使っている状況。恐らく次に出てくる北山さんはどこから登場するでしょう?と自分に問い、センステ or バクステに絞る。暗闇の中双眼鏡を使い見ているとセンステ*3にスタンドマイクが置かれた。くる、くるぞ、、、!!!

 

予想通りセンステに登場した北山さん、急に顔がエロい。さっきまでと顔が違う。…いじった?(偏差値2)

赤く光るマイクコードを体にぐるっと巻き付け、身体で音を拾いながら軽やかに揺れる。ときどき緑になるんだけど意味はあるのだろうか。DIEとか言ってるし、メンバーカラーの赤と解釈するには安直すぎる気もした(察して)

 

5万5千人中6万5千人がぶっ倒れた案件としては、歌いながら「ンアッ(吐息)」をめっちゃエロく仰られ光だ。音源にもンアッは入っているけど、生ンアッはその何億倍もの衝撃を受けた。歌いながらンアッを挟むんだ…何その技術?生まれながらにして搭載されていた技術?

 

更に、サビ最後の「ただ君といたいよ」のところで親指と人差し指を指ハートのようにするんだけど、どうやら手話で「好き」の意味のよう。色々説はあるようだけど策士すぎる北山宏光。いつか答え合わせはして頂けるのだろうか。

 

センターにあったムビステはクライマックスに向けバクステへ移動。ムビステはかなり高くなっている。最後に仕掛ける北山宏光、今年は何をなさるのだろうかと目を凝らす。するとステージの端に立ち、もしや…なんて思っていたらその身を投げていた。DIED…!

「死にたくない」と13回も言っていたのに結局自ら死を選んでしまった。落ちた瞬間ステージに羽が舞う。ものすごい喪失感。残された羽が切なすぎる…。

少し話は逸れるが、前向きに落ちて途中で半回転して背中から落ちていた。スタッフが持つ布へダイブ。そんなリスクを冒してでも最高の演出を見せてくれる北山宏光がエンターテイナーすぎる。プロだ~~~!好き~~~!

 

そして一体この死はどういう意味なんだろう。

メンヘラこじらせて本当に死んでしまったのか、不倫の末に社会的に死んでしまったのか…

 

後者だとすると、、、

・「So darling,hold me」を女性サイドのセリフだと仮定して、抱いたまま一緒に心中した。

・今までは不倫関係にならないよう理性があったがついに手を染めてしまった瞬間。

…なんかかなぁと思ったけどこれ以上わからない(笑)

 

 

 

とまあこんな感じで今回も全然ハッピーじゃなさそうな北山宏光ソロ曲でした!毎回ハッピーじゃなさそう!似合ってるし毎年楽しみなんだけど!

 

今回、北山さん制作曲でなかったことにがっかりされた方。安心してください。

アルバム9曲目の「僕ハ君ナシデ愛ヲ知レナイ」を聴いてください。北山宏光 a.k.a HusiQ.Kさんが作詞作曲されています。曲名からもう北山宏光(笑) 是非!

 

(後半失速尻切れトンボ型)

 

 

*1:手越さんは自分の歌声をそう評価していたね

*2:登場場所は日替わりらしい

*3:ムービングステージ

増田担、Maroon5の来日公演へ行く

 

 

2019年2月25日、Maroon5のRED PILL BLUES TOURに行ってきました!

 

f:id:LLL444:20190405080358j:image

 

ずっと行きたかったけどチケットは全滅、高額転売に手を出そうかと考えるほど行きたくて泣き寝入りしていた。だってなかなか来日してくれないんだもん!!!こんなことなかなかないんだもん!!!

 

当日、会社でも仕事が手に付かずツイッター警察をしていると、なんと、なんと当日券の情報が!!!(仕事しろや)

 

ここは絶対定時退社都内勤務OLの腕の見せ所だと思い、退勤後即東京ドーム。

行けるなんて思っていなかったので油断したクソダサルックで出勤したことを後悔。周りのイケイケイケメンやイケイケ美人に圧倒されながら時速30kmの早歩きでチケット売り場へ。

 

当日券列がなくなっていた為、時すでに遅しか…と思っているとまだ残ってますよ~とスタッフさんが教えてくれた。でかした。

 

実家住みのため、ご飯を作って待ってくれている母に念のため連絡すると「今日水道管清掃で22時から5時まで断水だよ」とのこと。確実にお風呂に入れないし手も洗えない、下手すりゃトイレも流せないというリスクとドンパチ葛藤。

しかしこのチャンスを逃すわけにはいかないので、給料日ほやほやのお財布からジャニーズのコンサートに2公演入れる金額を支払いチケットを獲得。この時普通に1人でニヤ~~~っと嬉しそうな顔してた。すぐ顔に出ちゃう。

 

 

欲しいグッズは売り切れだったのでコンビニでパンを買い、席に着いた。

1月7日のNEWSぶりの東京ドーム、アイドルと海外バンドではセットが180°違って同じ会場とは思えなかった。1人で東京ドームにいるのは初めてでそわそわした。

 

オープニングアクトは約30分。最高だったんだけど、これから憧れの人たちに会えると思うとドキドキしてすごく遠い音に聴こえた。

 

席は1階スタンド正面で、当日券とは思えないほどいい席だった。私の前が外国人カップルで、ずっとイチャイチャしていてライブ後半にはキッスもしていたんだけど全然嫌じゃなかった。映画みたいで(笑)

あぁ、これが手越さんの言う海外の良さか…!と初めて身を以て体感した。これか。わかる。日本はまだまだお堅いな~?

 

 

そしていよいよ始まった本編。

 

 

What Lovers Doで始まる気持ちの良さ!音!顔!声!客!全部がかっこよくて笑い泣いた。観客もみんないい笑顔なんだわ。待ってました~!みたいな。私も服はダサいけど良い顔してたと思うよ。


Maroon 5 - What Lovers Do ft. SZA

 

続くPayphoneThis Love、3曲目にして15,000円の元をあっという間に取れてしまった。アダムが、本物のアダムが歌っている声が聴こえている…。世界中の人が知っている曲をここにいる5万人が生で聴いている…!


Maroon 5 - This Love

 

そんなに飛ばして平気?って勢いで5曲目にSunday Morning。心地良い。全然日曜日じゃなくて今日は月曜日でムリィ~~~って思ってたけどこの瞬間はSunday Morningだった。横揺れでノリノリの日曜の朝だった。みんなも好きでしょ?


Maroon 5 - Sunday Morning

 

あとは本編最終曲のMoves Like Jagger!かっこよすぎやしないか???2月3日のスーパーボウル・ハーフタイムショーで披露していたのを見ていて絶対やってくれるだろうとは思っていたけど、やっぱり生で聴くと迫力が違う。この週の3月1日、LOVEちゃんのラジオ*1を職場で聴いていたら、この曲から学ぶ英会話~!をやっていて家でも聴き返したんだけどもう覚えてないのどうにかして。早く宝くじ当てて留学行きたい。


Maroon 5 - Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera

 

そしてアンコール5曲もやってくれるの!好き!

ここ最近の大ヒット曲、Girls Like Youがここできたか!という感じで組み込まれた。「君みたいな女の子が必要なんだ」なんて歌っているアダムがめちゃカッコイイんだけど、後ろに流れているMVに奥さんと娘さん映ってるんだよね。その場面が映されてたかは忘れちゃったんだけど、MVには出てるの。なんだこの幸せ空間。


Maroon 5 - Girls Like You ft. Cardi B

 

そして大トリがSuger!なんなんだこの多幸感!はやく結婚式で流させろ!(尚、結婚式の予定なし)(前のカップルここでキッス)(ナイスタイミングやないかい)

これ初めてMV見たとき、電車だったのに涙出てきちゃって。こういうハッピーサプライズ演出に弱いんだよなぁ。これを生で聴ける贅沢さったらない。5万人がひとつになってみんな笑顔で自由に歌って。写真撮る暇もなく涙浮かべて揺れてた。*2

 

心残りも未練もなくスッキリ晴れやかにハッピーに締めくくられて、この後お風呂に入れないことなんてどうでも良かった!マルーン5最高だ!!!

  

…という私の初Maroon5でした。

 

 

話は変わるが、私がMaroon5を好きになったきっかけがNEWSの増田貴久さんの影響であることはタイトルからも容易に想像がつくだろう(笑)

 

彼が独断と偏見で選んだ曲を流す「マスターピース」というコーナーで流していたのを聴いたのがきっかけ。何年前だかも、何の曲だったかも覚えていないんだけど、めっちゃいいじゃん!!!と思ってアルバム借りてハマったという単純明快典型的な彼色に染まりやすい女っぷり。

元々洋楽は聴いていたけどMaroon5は王道すぎて聴いていなかった天邪鬼な自分を責めたり。

その後しばらく聴いていない時期もあったんだけど、2018年7月20日にGirls Like Youを紹介してくれてまたビビッときたわけです。すぐアルバムを借り、このアルバムのツアーに行きたいという思いでいっぱいだったので本当に行けてよかった。

 

増田さん、前回Maroon5が来日したときは行けなかったと残念がっていて、今回NEWSのツアーがギリギリ被っていなかったので「たかも行くかな~行くよね~?」と毎日心配していたの。私、余計なお世話グランプリで優勝経験あるから。

しかし芸能人の目撃情報がたくさんあがる中、外見めちゃめちゃ派手派手な増田さんの目撃情報があがらなかったので行けなかったのかなと思っていた。気になりすぎてラジオに「Maroon5行きましたか?」の旨をメールした。

すると、メールこそ読まれなかったものの3月15日のMASTER HITS「え〜先日ですね、Maroon5のコンサートに行かせて頂きまして。いや〜かっこよかったですね〜!」って!びっくり!原宿駅で終電間に合うかそわそわしながらびっくり!襲いくる安堵感。良かったね~行けて良かったね~!私も行けて良かったの~!と我笑顔@原宿駅

 

いつもNEWSのコンサート(主に東京ドーム)で「5万5千人がさ!同じ日、同じ時間に、同じ予定なんだよ?すごくない?みんな手帳に同じ予定書いてるんだよ???」って目をキラキラさせながら10年以上同じこと言い続けてる増田さん。東京ドーム担な増田さん。その増田さんと念願のアーティストのライブでその時間と場所を共有できていたとは。他のジャニーズのコンサートで浮気している所に増田さんが来ていて「(浮気バレる!!!)」と焦りながら同じ現場にいたことはあったけど(笑)

 

彼に教えてもらって好きになったことを、彼と同じ場所 同じ時間で共有できたことが本当に嬉しかった。どんな風に見ていたのかな~!

 

増田さんとは結構音楽の趣味が合うので、これからも色々教えてもらえるといいな。

そしてMaroon5、本当に良いので知らない方は是が非でも聴いてみて!グラミー賞3回獲ってるから!

 

こちらで増田さんの好きな洋楽にちょこっと触れています~!

sheepdks.hatenablog.com

 

アンコールでアダムがやっと脱いだお家芸(!?)生で見られたので2019年は健やかに過ごせそう!笑

 

 

*1:LOVE CONNECTION/TOKYO FM

*2:YUKIのライブの最後の定番曲「はみだせラインダンスから」で泣いてしまう時に似た感情だった

WORLDISTA所感・INTER文字起こし

 

 

待ちに待ちまくったWORLDISTA!!!発売おめでとうございます!!!

思ったことを全て残しておきたいのでアルバムのネタバレを含みます!

EPCOTIAの時も書いておいたけどツアー始まって印象が変わった曲もあって読み返すと楽しい。ピュアな時の気持ちっていうの?付き合いたてのあの頃を思い出す感じ?ハ???

 

↓ この記事の前書きが長くなりすぎて以下の記事で投稿したヤツ

sheepdks.hatenablog.com

 

考察交じりにのんびり書いていたらシゲアキさんがライナーノーツを順調に更新してくれるわ、頭のいい方々が考察してくれるわでお腹いっぱいになったので私はINTERの文字起こし及び感想を残しておくことに。お付き合いくださいませ~!

 

今回こそINTERと曲順がとても大事な為、シャッフルしたりINTER飛ばしたよ~!って人は正直に手を挙げて!私がすっごい怒るよ!とはいえ、2巡目からは自担のソロ4回くらい巻き戻さないと進めなかったな。

 

 

01.ログインシークエンス-INTER-

いつもINTERのナレーターさん自己紹介してくれるのにしてくれないからお名前が分かんないよ!まず自己紹介しなきゃダメってパパやママに教わらなかった?(これも何かの伏線なんだろうなと思う)

ナレーター「WORLDISTA βプログラムアクセスコードをインプットしてください。スキャン完了。〈KKMT0915〉受理されました。脳内コネクトシークエンスを始めます。Eustachian tube値、正常。シンクロ率上昇中。25% 39% 68% 89%…シンクロREADY?WORLDISTAの世界へようこそ。」

ギャーン!何度聴いても新鮮に鳥肌立てる!βプログラムということで試作品段階だということが分かる。KKMT0915はKoyama Kato Masuda Tegoshi 9月15日(NEWS結成日)。Eustachain tubu値は耳管値*1。25%は6thアルバムWhiteの発売日(2/25)、39%は7thアルバムQUARTETTOの発売日(3/9)、68%と89%は良くわからないけどNEWSメンバーの歴代人数(9→8→6)?耳のことばかりだけど、アイギアは…?(おぞましき伏線)

 

02.WORLDISTA

ラジオでの初解禁のときはもちろんリアルタイムで聴いて部屋で1人涙を流していた。NEVERLANDとEPCOTIAの要素を継承した部分がしっかり残り、またまた重厚感たっぷりの壮大なスケールの曲。今回はどこから登場するんだろうとか、どんな衣装だろうとか、「ヘーイ!」をちゃんと言わなくちゃとか考えてるとワクワクして仕事に身が入らない。この前、千鳥のノブがゴチでピタリ賞獲って「I am Valentine.」とツイートしていたけどこちらも「This is the WORLDISTA」って言ってるので。要は強いってことです。

 

03.オリエンテーション-INTER-

最初の1文がCMで流れるナレーション。初めて聞いた(見た)時はもう世界観強すぎて普通に涙。音源でウウゥゥゥァァァアアアってなって(語彙は涙と共に流れ落ちた)泣いてるのにツアー初日無事生還できるのだろうかと頭抱えてる。

ナレーターWORLDISTAは、今までのVRと違い、意識とバーチャル空間が直結した新しいエンターテイメントシステムです。WORLDISTAの世界には時間や空間の概念はありません。ここではアクション、ロールプレイング、レーシング、謎解き、クイズ、恋愛などさまざまなゲームを体験することができて、この世界を自由に移動することができます。ゲームだけでなくEPCOTIAのような宇宙旅行や、NEVERLANDのようなシュールな世界まで体験もできます。毎日クリスマスパーティーを行うことや、その数時間後にバレンタインイベントを体験することも可能です。そしてあなたはどんなキャラクターにもなれます。さらにNEWSのメンバーと一緒にゲームをすることも。オリエンテーションとしてまずはNEWSのメンバーと勝負するスペースレースから始めましょう。最初にゴールした人はNEWSのメンバーからメッセージが届きます。それではゲームスタートです。」

クラウドでも語られていたけど実はNEVERLANDとEPCOTIAはWORLDISTAで体験していたということらしい。仮想空間だったのか~!!!ちょっと寂しいけど入国したことも宇宙旅行したことも私の人生における正真正銘の事実。イェイ。

 

04.DEAD END

よーしスペースレースのスタートだ!!!Dance in the darkとかBLACKHOLEみたいな曲かと思いきや、爽やかC&Rソング。「ありったけの熱量(バワリー)握りしめて」って完全に海賊王。私が10巻で挫折した海賊王。超えろ!行き止まりを!

 

05.CASINO DRIVE

ラジオで解禁されたときから鳥肌ゾワゾワでセクシーダンス踊るNEWSの4人が見えたんだけど、改めて高音質で聴くと…鳥肌ゾワゾワした…NEWSらしい疾走感のあるハイキーが、なんだか昔のNEWSっぽい。車で初対面の女抱いてるの強くない?バックシートで転がり合ってるの強くない?強火湾岸スキーヤー担としては湾岸線のイメージ。東京湾岸線にカジノ無いけど。

 

06.インビジブル ダンジョン

曲名だけでこんなに期待値高い曲あるか?って感じだったけど何も裏切られなかった。洋楽チックな横揺れメロディーがもうm-floなんだよな、m-floなんだよな〜!個人的に増田さんの声がこの手のリズムにクリーンヒットしていると思うのでただの勝訴案件。まあ妖怪声色7億変化の増田貴久だから何でも合うんだけどさな!耳と頭がいい人、歌詞カードに載っていない手越さんのおしゃ英語を解読して~!!!

 

07.第一チェックポイント-INTER-

愛しき増田さんの声!続く聞きやすい小山さんの声!なんか「やっとNEWSに会えた」ってホッとしてしまう声。だって世界観と歌声が強すぎて現実味無いんだもん!つよ!

増田「第一チェックポイントを通過しました。誰よりも先に通過したあなたにスペシャルボーナスとして5,000バワリーをプレゼントします。(キラーン) バワリーの量でランキングが決まります。」

小山ランキングのトップメンバーにはワールディスタカップに参加する資格が与えられます。引き続き僕らとゲームを続けていきましょう。次のゲームはこちらです。」

ナレーター「eスポーツゾーンへアクセスします。」

やったー!5,000バワリーも手に入れた!相場が分からないから多いのか少ないのか分かりかねるけど。そしてナレーションの通り、ここからeスポーツゾーンへ。

 

08.SPIRIT

サッカーゲーム!EPCOTIA-ENCORE-で披露していたこの曲。NEWSのサッカーソング最高なんだけど、今回も爽やかで疾走感があって誠に最高でございます。サビ入りの手越さんが伸びやかで広いグラウンドを駆け抜けたくなるな~春の陽気に誘われて!あと歌詞がめちゃめちゃ良くて。「諦めることだけただ諦めてしまえばいいんだ」「譲れない思い譲らないように」ってNEWSに言われると説得力あって私が頑張りそう。

クラウド読むとWORLDISTAへの伏線を公式に回収できるのでジャニーズウェブへどうぞ!

 

09.BLUE

これもサッカーゲーム!BLUEで始まった15周年の味スタ。BLUEで終わったEPCOTIA-ENCORE-。特別な時間の特別な位置に置かれるこの曲は個人的に思い入れが強い。EPCOTIA-ENCORE-ではEPCOTIAライナーが青い地球に帰るという意味で最後にセトリインしてたの粋。アルバムに入るとまた違う顔になる。

 

10.FIGHTERS.COM

格闘技ゲーム!デスボイス*2が入ったり激しめのシャウトが入ったりする死闘感。今回Rap久ないのかな〜って思ってたら突然挑発的なRap久登場してK.O.。「攻めることにだけはマジ長けてます おまえごときじゃ足んねえパスだ!パス!」なんて叫ぶように増田さんが歌うの最高なんだけどこんなこと言われたら実際落ち込まない?(情緒がT.K.O.済)

この曲、アルバムが発表された時は入ってなくて何の予告も無しにしれっと追加された曲。その割に完成度があまりにも高くて何か深読みしてしまうな…。

 

11.発表会-INTER-

ティージョブズ*3が英語でスピーチしてるのを大塚芳忠さんが同時通訳。ナレーターの宇野淑子さんに続いて大物を…NEシンプルにすごいWS…。

ジョブズ「今日は私にとって15年間待ち続けた、プロダクト、いや、夢を発表する日です。そんな大切な瞬間に皆さん、集まって頂き、ありがとうございます。世の中の全てを変えてしまう、そんなイノベーションが、何年かに一度、誕生しています。我々ネオエレクトロニックワンダーステイト社は、幸運にも9つものイノベーティブな作品を、この世に生み出すことができました。9つも。そして今日は、記念すべき10個目の作品。従来のVRゴーグルは映像を見て楽しむことはできても、実際、本当にそこにいる感覚を味わうことはできませんでした。今回紹介するプロダクトは聴覚経由、そう耳から脳にシンクロし、まるで本当にその世界へ入ったような感覚を体験できます。日本で生まれたこのプロダクト。今あなたは、それが世界に羽ばたこうとする瞬間を、目撃しようとしています。発表します、ワールディスタ。」

10枚目のアルバム*4を盛大に祝ってくれるジョブズ。まぁジョブズじゃないんだけど。あれだけアイギアアイギアいってゴーグルしてるのにここまで耳やら聴覚経由やら言われているのはやっぱり伏線なのかな…。それともこのアルバムを耳で楽しんで!ってことなのかな…。11曲目にしてやっと「発表します!WORLDISTA!」とか言われてもね。もう11曲目よ!世界線違うか時間軸が違う説が濃厚かな。わ~WORLDISTAこわ~~~!

 

12.Digital Love

可愛い〜!意外〜!可愛い〜!恋する惑星枠?恋愛シュミレーションゲームの女の子に恋してしまう曲。のめりこみすぎちゃう曲。既視感あるなと思ったけど私ですね。バーチャルラブしている私ですね。NEWSに恋して増田ルート続編からNo turning back!!な私のことですね。

そして曲が終わったと思いきや突然現れるナレーター。

ナレーター「おめでとうございます。718バワリーを獲得しました。」

だってよ…みんな…だってよ…仕掛けてくるやん…7月18日はチャンカパーナの発売日…。INTERで色々数字が出てくるからJEのホームページとしばらくにらめっこの日々だった。この期に及んでチャンカパーナを引っ張り出してくることに意図はあるのかな?ワクワク!

 

13.リボン

聴く前に歌詞カード見て涙した。可愛い曲かと思いきやmadoromiと同じkacoさんの作曲。出だしが増田さんなんだけど、今まで聴いたことのないような優しい優しい声でゾッとした。今にも泣きだしそうなんだけど優しい声。まぁるい声。どこまで歌声のレパートリー増やすんだ?生で聴いたら泣いちゃいそ~むり!将来の旦那さん、もしこれを読んでたら私のお葬式でこの曲流すこと覚えておいて!

…(2/28追記)シゲアキさんのクラウドで母親との死別の曲だと明かされ泣いた。まさかそっちだとは!将来の旦那さんではなく将来の子供に私のお葬式で流してと頼んでおきますね。何年先になるかな()

 

14.クイズ-INTER-

ここのメロディー怖くない?私これ小さい頃聴いてたら泣いてる。平成教育委員会の勉強小僧で毎週泣いてた子供なので(笑) 急かされているようなメロディーとMr.インポッシブルの声が…え?なんでMr.インポッシブルがここに?あれ?NEVERLANDはどうしたの?名乗ってこそいないが完全に2年前お世話になったNEVERLANDの支配人、インポシおじさんがクイズの出題者…?謎は深まるばかりで答え合わせすることが多すぎてコンサート忙しそう!怖い!そしてこのアルバムに3人の声優さん使うの強すぎディスタ。インポシは言うまでもないですね、矢島正明さんです。

インポシ「WORLDISTAクイズゾーンに入りました。ここではNEWSにちなんだクイズを出題していき、メンバーと共に答えていってもらいます。今日の参加者はNEWSから加藤さんと手越さん、そしてここにいるあなたです。」

第1問。NEWSが初めて発表されたのは何年何月何日?

加藤「2003年9月15日」⇒正解

第2問。NEWSの6枚目のアルバムは?

加藤「QUARTETTO」⇒不正解(正解はWhite)

第3問。2012年7月18日に発売されたNEWSのシングルは?

手越チャンカパーナ」⇒正解

第4問。NEWSの曲でタイトルに使用されたことのない季節のワードは?

手越「クリスマス」

このまま次の曲へ。今作はWhiteがキーになっていると思うんだけど、わざわざそこを間違えたシゲアキさん。そして正答を教えてくれないインポシ。クラウドで間違えたことをとぼけるキャワアキ。張られた伏線に絡まって身動きの取れない私。

 

15.サンタのいないクリスマス

メロディーがとてもかわいくて幸せそうなのに実は悲しいクリスマスソング。LPSと連動した歌詞があって何らかの繋がりがありそう。サビのNEWSのユニゾンが私の大好きなNEWSすぎて世界に自慢したいね!ほんと綺麗!

 

16.Strawberry

「生きろ」15周年記念盤に収録されていたけどここにも入れてくれる優しさ。何度聴いても最初から最後まで歌詞が優しすぎて包み込まれるよう。4人が自分のパートを自分で作り持ち寄ったメンバー作詞曲。最初はバラバラに持ち寄っただけあってまとまりがない曲に聴こえていたけど、聴けば聴くほど味があり個性があり最高の曲。NEWSを好きで良かったっていつも思ってるけどもっと思える。もしWORLDISTAで歌ってくれたらシゲアキさんリクエストに応えて「ジョイフール!」をX JAPANの紅並の大声で叫んであげましょう!

余裕面で聴いてたら最後に追加パートのサプライズ。NEWSの4人の声で成仏できる曲になった。なんでNEWSはこんなにもファンを愛して驚かせ続けてくれるんだい?心休まる暇なし。

 

17.「生きろ」

エンディングの前の「生きろ」。この曲は2018年たくさん歌ってくれてたくさん聴けた曲。毎回命削って振り絞って全力で歌っている感じが超NEWS。

 

18.エンディング-INTER-

ナレーター「おめでとうございます。2012万718バワリーを獲得しました。あなたはワールディスタカップのメンバーに選ばれました。ゲームをしていて既に気がついていたでしょ?バワリーはアイテムをゲットするための単なる仮想通貨ではないということを。そう、これは、あなたの熱量。この熱量を持っているからワールディスタカップに参加できるのです。NEWSのメンバーも一緒に、大会へ参加できるのをとても楽しみにしています。それまでまた、ごきげんよう。」

ジョブズ「あ、そうそう!あともうひとつ。皆さんがお持ちになっているパンフレット。この中にワールディスタカップへ出場する重要なヒントが隠されています。バージョン1のゴーグルでパンフレットを見てみてください。大事なメッセージが浮き出てくるはずです。今日はお集まりいただきありがとうございました!」

終わっちまったぜ(泣) ナレーターの声が優しくて大好きな担任の先生と卒業式で別れを惜しむあの日を思い出した。

2012万718バワリー=2012年7月18日(チャンカパーナの発売日)。4人での再出発のターニングポイントともいえるこの日。4作中3作目でなんでチャンカパーナをここまで推しているのかずっと考えているけどぜぇんぜん分かんない!でも無事にワールディスタカップに出場できるそうなので安心してソロ聴けます。

 

19.Symphony of Dissonance(増田貴久)

今までの増田さんのソロの中で1番好きかもしれないと思うほどの大作。ちょっとここに書けるほどまだ心の整理がつかないので今度別記事に記そうと思う。好きと尊敬が溢れて洪水。暇さえあれば「ダイ!スカイハイ!ビヨーンザレーオブライ!」と口ずさむ日々とだけ言っておく(需要なし)

 

20.DoLLs手越祐也

THE・TEGOSHI!歌詞も音域も超手越。俺は人形なんかじゃない!とカラコン付けて歌ってくれる気がしてる。バラードとロック?を交互に提供してくれる気の利き方愛せる。

 

21.Going that way(小山慶一郎

ゴリゴリのEDMで攻めてきた~!デカめのグラサンするでしょ?Jr.従えてガシガシ踊るでしょ?ワクワク~!

 

22.世界(加藤シゲアキ

せ、せんせ~~~い!今作も今作とてすきです~!「4畳半の世界」と言っていてけど、現実感の中にもシゲアキさんの見ている大きな世界も垣間見えたような気がした。「レゾンデートル(存在価値)」「ルリビタキ(青い鳥)」など初めて聞いた単語が使われていてシゲシゲしい。この曲の最後のフレーズがシゲシゲしいと本人が言っていたので歌詞カードを手にするなりすぐ確認した。「貴様が世界だ」で締めくくられるアルバム、優勝!!!ギターで弾き語りとかするのかな、いつもソロの演出凝っていて打ちひしがれるので今回も期待。

 

  

聴くとますますツアーが待ち遠しいな~!!!

前の記事でWhiteに繋がるかも?なんて書いたけどどうなるのかわからなくなった。何も読めない(笑) GAME OF LOVE*5はセトリインしてくると思いますがどうでしょう?

 

歌詞カードの最後に「(中略)そうそう、あともう一つ。皆さんがお持ちになっているパンフレット。この中にカップへ出場する重要なが隠されています。バージョン1のでパンフレットを見てみてください。大事なが浮き出てくるはずです。」と書いてあって、一生懸命3Dメガネかざして遠目でくまなく探したんだけど見つからず。後で考えようと思って歌詞に目を通したら「!!!」となって涙した。(そのタイミングで母に話しかけられ涙目で目を合わせ「こっちが泣きたい」と言われる)

f:id:LLL444:20190302003915j:image

全部繋げると「#想像することがみちしるべ!」になる。

 

絶対にINTERを含めた収録順で聴いてほしいので、というか収録順じゃないと意味がないので!!!一生懸命クセ強アルバム作ってくれてるので!!!物語なんで!!!買って聴くか私に借りてインポートして聴いてね!!!約束!!!

 

そして初回盤の箱の中にも愛。

f:id:LLL444:20190301122020j:image

 

次回作でで完成すると思うと、嬉しい気持ちと寂しい気持ちが両方押し寄せてきて無理!NEWSHIGEAKIって続けて!あと7ツアー追加して!

f:id:LLL444:20190301122050j:image

 

 

WORLDISTA (初回盤) (CD+DVD)

WORLDISTA (初回盤) (CD+DVD)

 

  

WORLDISTA (通常盤)

WORLDISTA (通常盤)

 

 

 

去年のEPCOTIA所感はこちら。

sheepdks.hatenablog.com

 

 お題「NEWSアルバム『WORLDISTA』レビュー」

素敵なお題お借りしました!

 

 

では、ワールディスタカップで!

 

 

*1:簡単に言うと耳管値が正常なら良く聞こえるやで~!ってことです。

*2:クラウドで自身の声だとシゲアキさんから明かされる。

*3:違います

*4:BEST盤を除く

*5:恋のABO C/W

WORLDISTA発売直前ダイレクトマーケティング

 

#想像することがみちしるべ

このハッシュタグが公式サイトで発表され、有能なオタク各々がツイッター等で様々な想像を繰り広げています。まず、こんなことを発売前にオタクにさせるNEWS挑発的すぎん???ハニーたちの想像を超えてやるよ!って自信ないとこんなことさせられないじゃん???強すぎん???自軍強すぎん???

 

私も色々考えたり気づいたりしてその度にツイートしました。それが当たっていることが偉いとか凄いとかではなく、各々が思うWORLDISTAに胸を躍らせて待ち焦がれているこの感じが本当に最高としか言いようがなくて。他の人の想像からまた他に気付くことがあったりして一致団結してるのとか面白すぎるでしょう。ワクワクして眠れない夜があったり、仕事中ニヤけてしまうこともあった自分可愛すぎるでしょう。ちがうか

 

 

そもそもNEWSを知らない人からしたら「何を想像すんねん」と思うことでしょう。セトリ?構成?いやそんなことではないのです。NEWSってすごいんです。

何年もかけて伏線張りまくって、何年もかけて伏線を回収しまくるとんでもないエンターテイメント集団です。

NEWSのライブ(ツアー)はただ楽曲をファンに聴かせるのではなく物語として構成されています。2017年のNEVERLANDから「コンセプチュアルツアー」として世界観ガチガチのツアーが始まりました。1つのアルバムとツアーに専属の有名な声優さんとか雇っちゃうくらいガチガチ。アルバムにINTERとしてナレーション曲が挟まれるくらいガチガチ。

 

2017年のNEVERLANDではNEWSが鍵職人だったり水先案内人になってくれたりしてNEVERLANDを一緒に旅しました。NEWS4人それぞれが東西南北4つのゲートに分かれていざなってくれました。

2018年のEPCOTIAでは「前作の世界観を引き継ぐ」として宇宙旅行をテーマに一緒に旅行しました。無重力になったり、時空が歪んだり、異星人が現れたりしました。

この時点でツアータイトルの頭文字が「N→E」となり、NEWSは起承転結4ツアーの大規模な構想を企てていることが明らかになります。天才なの?

 

そして匂わせに匂わされてきた「W」の正体が今作のWORLDISTA。ここからオタクによるオタクのための #想像することがみちしるべ が始まります。スポット映像が配信され、オタクが何かを悟ります。2015年に行われたツアー「White」を踏襲しているのではないかと。

WhiteはNEWSが最初に行った物語設定付きのツアー。ウェブラックという悪をTEAM WHITEの4人が倒す!というゲームのような設定でした。なんとその時に使われていたエレベーターの柵や4人が集まった部屋がWORLDISTAのスポット映像に散りばめられているのです…!!!

頭文字が「W」で共通していたり、Whiteの白とWORLDISTAの黒が両極のコントラストだったり。ちなみにWhiteのアルバムに収録されているBYAKUYAという曲はサビで「BLACK&WHITE」を繰り返します。ほぼ確定でここは繋がるとオタク一同が確信しました。

起承転結の「転」にあたる今作、公式サイトでも「NEWSとの旅は場所から端末へ」と今までと何か違うことが示唆されています。寂しいけどいつもバックに付いてくれていたJr.くんたちも多忙のためガラッと変わるそうです。*1

 

2015年 White

f:id:LLL444:20190215104551j:image

2019年 WORLDISTA
f:id:LLL444:20190215104558p:image

 

4年前からここを見据えて構想していたのか、急に思いついたのか。どちらしせよヤバヤバのヤバであることは確かです。ここまで読んで魅力に気づけないのであれば私の力不足なのでタイマンで鑑賞会しましょう(キレ気味)

↓ これを読むと凄すぎて感涙必至。スポットも是非。

www.jehp.jp

 

 

あと4回寝るとSTARTできます。

f:id:LLL444:20190215104432j:image

 

WORLDISTA=WORLD+FANTASISTA

 

*1:2019.2.12 KちゃんNEWSにて明言